腰痛症の治療法【小田急線沿線、世田谷区で慢性腰痛でお悩みの方へ】 - 世田谷区 豪徳寺 むちうち 交通事故治療

口コミ件数№1鍼灸整骨院(交通事故治療)

Q&A

腰痛症の治療法【小田急線沿線、世田谷区で慢性腰痛でお悩みの方へ】

2012_1116_163455_mg_7779

【腰痛症とは?】


腰の痛みがあるが、何が原因かはっきりと分からない場合、「腰痛症」という病名をつけます。


原因とは、腰の骨が変形している、椎間板ヘルニアがある、腰の骨にひびが入って、上の腰椎と離れている(分離している)、脊柱管が狭くなっている、などなど、レントゲンやMRIなどの検査をした時に見つかる原因の事を指します。


腰痛を訴える方は非常に多いですが、整形外科の検査で原因が分からない腰痛が圧倒的に多いです。しかし、レントゲンやMRIの画像で目に見えなかったり、血液検査等の数字で分からないだけで、実際には腰に痛みが出ている原因はあります。


【腰痛症の原因は?】


痛みが出てくる原因を大きく2つに分けると、

1:自分の腰の丈夫さ以上に、腰に負担がかかる事

2:腰が構造上弱く、腰にかかる負担に腰が耐えらない場合です。


この2つの対処法をそれぞれ説明していきます。


1:腰に負担がかかる場合

腰に負担がかかる原因を見つけていく事から始めます。


考えらられる原因としては、

①背骨、股関節が固くて動きが悪いため、腰の関節が無理に動かないといけない。

②背中・臀部・太もも・ふくらはぎの筋肉が固いため、関節の動きや筋肉が十分の伸びない。腰の周りの筋肉が伸びない分、腰が無理をしないといけない。

③骨盤や身体全体の歪みがあり、腰の負担がかかる。

④腰の筋肉が固すぎる(筋肉が痙攣を起こしている状態でそれだけで痛みが出る)


等が考えられます。

2008_1212_183705_155


世田谷で腰痛専門の鍼灸治療院である八木整骨院では、まずは診察で、この様な負担がかかる原因がないか?を調べていきます。診察の結果、問題がある、筋肉や関節があれば、鍼灸治療、指圧マッサージ、整体、ストレッチを使って、アプローチをしていきます。


2:腰の構造上弱い場合

身体が極端に弱っている方には、胃腸が弱い場合が多いので、胃腸の治療からスタートします。胃腸の治療には鍼灸治療でお腹やお腹の裏側の背中のツボをとっていく事が効果的です。


胃腸や筋肉がある程度丈夫な方には、どこの筋肉が弱い事が原因かを検査で調べて、腹筋や腰の筋肉を丈夫にする運動を指導していきます。腹筋といっても、通常の腹筋よりも、もっと奥の方のインナーマッスルに相当する筋肉を丈夫にする事が重要です。そのためにも、腹式呼吸を通じて、お腹の奥の方のインナーマッスルを刺激する事をまずは指導していきます。



【腰痛症の治療法】

①まず、腰や腰周囲の筋肉が固い場合は、筋肉の固さを徹底的に取り除きて行きます。鍼灸の場合は、鍼を刺したり、鍼に電気をつないで筋肉を動かしていく場合もあります。鍼をどれくらいの深さで刺すか?電気を鍼に流すのとか流さないのではどちらが効果的か?は患者さんの症状や体質によってケースバイケースです。診察の結果、考えていきます。

2008_1203_22483412_024

筋肉が固い場合は、鍼で柔らかくした後、マッサージやストレッチを加えていきます。

2011_0528_123457dscn0900_2

特に、股関節の固さや骨盤の歪みが原因となっている場合が多いので、まずは股関節と骨盤のアプローチを重点的に行って行きます。症状の改善に伴い、太ももや背中のアプローチを加えていきます。

世田谷区や小田急線沿線にお住まいの方で、腰痛でお悩みの方は、世田谷区豪徳寺駅から徒歩1分の距離にある、八木整骨院・八木鍼灸院にご相談下さい。

この記事を共有する

交通事故後の症状を解消したい方へ

世田谷区 豪徳寺 むちうち 交通事故治療

月~土19時半まで受付 被害者費用負担0円 豪徳寺駅より徒歩1分 お子様連れOK 臨床経験25年以上

交通事故のケガ・むちうちを根本解消したい方へ

交通事故治療 被害者の方は0円

※事故過失割合により負担金が発生する場合があります