腰椎分離症・すべり症【世田谷区で腰痛治療専門の八木整骨院・八木鍼灸院】 - 世田谷区 豪徳寺 むちうち 交通事故治療

口コミ件数№1鍼灸整骨院(交通事故治療)

Q&A

腰椎分離症・すべり症【世田谷区で腰痛治療専門の八木整骨院・八木鍼灸院】

Ardni8kxrnif

【腰椎分離症とは】

背骨の骨は、腰の部分は腰椎と呼びます。腰椎は、全部で5個あり、上下の腰椎は、椎間板と後ろの方にある骨が関節を作って連結されています。この関節を作っている、後ろの方にある骨が、生まれつき骨折しているか、成長期の激しい運動等で骨折している状態を腰椎分離症と呼びます。


【腰椎分離症の症状】

骨折していて、上下で分離が起きている場所は、構造上弱くなっています。分離症があっても、無症状の場合もありますが、腰に負担がかかることで、腰痛が出て来ます。


【腰椎分離症の注意点】

腰椎分離症は、成長期に激しい運動をした事で、腰椎の後ろの部分に骨折が起きたために起こる場合があります。ですから、小学生や中学生の頃、急に腰の痛みを訴えたら、単なる腰痛なのか?腰椎分離症なのか?しっかりと鑑別する事が重要です。

小学生の頃に分離した場合、早期に発見して適切な処置をすることで、骨折部分がくっついて、分離症が改善する場合があるからです。中学生、高校生と、発見の年齢が高くなるにつれ、骨折部分がくっつく確率が低くなります。

鑑別のためには、まずは整形外科を受診してレントゲン写真をしっかりと撮ってもらって下さい。我々も、成長期の子供が腰痛を訴えて来院した場合は、必ず整形外科でのレントゲン写真を撮ってもらって治療をしていきます。


【すべり症】

すべり症には、分離すべり症と無分離すべり症と2つのタイプがあります。

分離すべり症は、予め分離症(関節部分に骨折)があるため、その分離部分が構造的に弱点となる結果、分離した部分で腰椎が、上の腰椎とずれてきてしまうタイプです。

無分離すべり症は、分離症を引き起こす骨折部分がないのですが、周りの腰椎を支える靭帯などが弱くなり、腰椎がずれてきてしまうタイプです。


【すべり症の症状】

腰痛が出て来ます。また、腰椎のずれが大きいと、腰椎の間から神経が出てくるすき間が狭くなったり、脊髄が通っている脊柱管が狭くなる結果、坐骨神経痛が出てきます。


【腰椎分離症・すべり症の治療法】


腰椎が分離(骨折)していたり、すべっている状態を当院の治療で治す事は出来ません。症状がひどい場合は手術で対応するしかありません。しかし、ある程度のレベルまでなら、痛みを取り除いたり、坐骨神経痛を治めていく事は出来ます。治療方法は、一般的な腰痛や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などによって坐骨神経痛が出ている場合と同じ治療をしていきます。

この記事を共有する

交通事故後の症状を解消したい方へ

世田谷区 豪徳寺 むちうち 交通事故治療

月~土19時半まで受付 被害者費用負担0円 豪徳寺駅より徒歩1分 お子様連れOK 臨床経験25年以上

交通事故のケガ・むちうちを根本解消したい方へ

交通事故治療 被害者の方は0円

※事故過失割合により負担金が発生する場合があります