ぎっくり腰の治療法【世田谷区近隣で腰を痛めてお困りの方へ】 - 世田谷区 豪徳寺 むちうち 交通事故治療

口コミ件数№1鍼灸整骨院(交通事故治療)

Q&A

ぎっくり腰の治療法【世田谷区近隣で腰を痛めてお困りの方へ】

2010_0526_200616p5260092

【ぎっくり腰とは?】

腰の筋肉を肉離れしたり、腰の関節を痛めた結果、腰に急に痛みが出て来た急性腰痛をぎっくり腰と呼んでいます。


急性腰痛でも、椎間板ヘルニアが飛び出してきたり、年配の方で腰の骨が弱くなっている方の圧迫骨折など、別な原因があって痛みが出て来た場合以外はぎっくり腰に分類しています。

【ぎっくり腰の原因は?】

ぎっくり腰で来院する方は、重い物を持ったとか、ちょっと前かがみをした拍子に急に痛くなったと、原因や切っ掛けがはっきりしている方もいます。しかし、特に原因や切っ掛けがなく、腰が少しおかしいかな・・と思っているうちにだんだん痛みが強くなってきたという方の方が多いです。この様な方は、「思い当たる原因はないけれど、何で腰が痛くなったのか?・・・」と不思議に思うでしょう。しかし、我々の腰には、座っているだけで100キロ近くの圧力が腰の筋肉や関節にはかかっています。前かがみをしたら、それだけで300キロの圧力がかかります。自分の身体がこの負担を感じていないだけです。数百キロの負担がかかりながら、動いているので、腰の筋肉や関節が固くなっていたり、疲れていると、些細な動作で、筋肉が肉離れを起こしたり、腰の関節を覆っている靭帯を痛めてしまうのです。自分の身体が感じていないだけで、痛める事を身体は繰り返しているのです。


一瞬で大きく筋肉や関節を痛めた場合は、すぐに痛みが出て来ます。しかし、痛め方が小さいと、その場では痛みを感じません。時間が経ち、傷ついたところから、徐々に痛みや腫れを引き起こす物質が少しづつでてきて溜まってきたり、腰の筋肉が痙攣を起こしてくると、初めて痛みが出て来ます。


【ぎっくり腰の治療法】

ぎっくり腰の場合は、上記したように、腰の筋肉や関節を痛めている場合が多いです。ですから、疲れを取ったり、慢性疲労を取る為の様なマッサージ治療等は受けない方が良いです。


ぎっくり腰には、鍼灸治療が非常に効果的です。

①痛み止め物質を体内で沢山作る。

②筋肉の固さや痙攣を取る

③痛めた筋肉や関節の修復を促す

④血液の流れを促す。

⑤腰に負担がかかる原因を取り除き、再発予防をする。

以上の効果を鍼灸治療で導いて、ぎっくり腰を治していきます。

【世田谷で腰痛専門の八木鍼灸院での治療】

2008_1203_22453412_0222

ぎっくり腰の場合、横向きで腰や太ももの裏、ふくらはぎに鍼をしていきます。

2008_1203_23180312_042

腰とお腹は非常に関連が深いので、ぎっくり腰の場合はお腹の治療が必須です。また、足首や足の甲の指と指の間のツボも非常にぎっくり腰の痛みを取り除くために効果的なので良く使います。


鍼灸以外にも、必要に応じて、腰以外の部分にマッサージや整体を加える事で、腰の筋肉の固さを取り除いたり、腰の関節の動きを動きやすくしていきます。




【ぎっくり腰は何回の治療で治るのか?】

ぎっくり腰は、症状の程度によって、治るまでの期間が異なります。しかし、当院では3回の治療で完治、または重症の場合は、3回で日常生活や仕事で問題がないレベルまで回復を促す事が目標です。



急にぎっくり腰になってお困りの方は、世田谷区豪徳寺駅から徒歩1分の八木整骨院・八木鍼灸院までご相談下さい。

この記事を共有する

交通事故後の症状を解消したい方へ

世田谷区 豪徳寺 むちうち 交通事故治療

月~土19時半まで受付 被害者費用負担0円 豪徳寺駅より徒歩1分 お子様連れOK 臨床経験25年以上

交通事故のケガ・むちうちを根本解消したい方へ

交通事故治療 被害者の方は0円

※事故過失割合により負担金が発生する場合があります